香港の人気ホテル

タオ島の概略

面積は21平方km。タオ島とは「カメの島」と言う意味で、
島の形がカメに似ている(?)事や、
昔、島の砂浜がウミガメの産卵地だったことからそう呼ばれています。
ビーチは遠浅になっていて、子供でも安心して遊べます。
島の周りにはサンゴが多く生息していて、特にシュノーケルやダイビングが楽しめます
メインロードは島の東側の街・サイリー、メーハート、
チャロック・バン・カーオを通る一本道です。
島の西側に行く道がそこから何本か分かれて出ていますが、
かなり急な坂道のため、島では四輪バギーのレンタルも行っています。
島にいる人間のほとんどが観光客という島なので、治安はとても良いです。
3月~6月頃が乾期、11月、12月は雨期にあたります。
雨期になると嵐のようになる日もあり、船が欠航になることも。
気温は日中で30℃くらい、夜でも20℃以上あります。
海からの風のおかげで、日本のように蒸し暑くはありません。
ただし日差しは強力なので、日焼け・熱中症対策が必要です。
大型のスーパーマーケットはありませんが、
コンビニやミニマート、小さなスーパーや薬局もあり、
生活に必要なものは大抵揃いますし、お土産屋さんも充実しています。
電力の供給が不安定なため、停電になることがままあります。
コンセントは日本の物が使えますが、電圧は220Vなので注意が必要。
インターネットも繋がります。ネットカフェやWIFI FREEのお店も結構あるんです。
水道水は基本的に雨水なので、雨が降らないと水不足になる事もあります。
ATM・銀行もありますし、両替所も島内に3か所あります。レートも本土と変わりません。小さいけれど、なかなか便利な島ですよ。

«
»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む